女性デザイナーによるホームページ制作/大阪・神戸
女性デザイナーによるホームページ制作/大阪・神戸

Blog

Youtube動画をホームページに埋め込む方法&便利なパラメーター

2015.01.20

動画のサイトといえば、Youtube。
Youtubeにアップロードされた動画をホームページに埋め込んで活用するという企業も多くなってきましたね。

 

動画のデータは結構重いので、サーバー容量を圧迫してしまいますし、動画データの入稿の際も、容量の問題があって色々と大変。

ですので、『動画を埋め込みたい!』というご要望に対しては、クライアントさん側でYoutubeに動画をアップしていただいて、

そのデータをホームページ埋め込む!というケースが多いです。

今回はYoutube動画のホームページへの埋め込み方と、ちょっとしたコツを紹介したいと思います。

 

Youtube動画をホームページに埋め込む手順

※Youtubeのアップロード方法はまた別の機会にご紹介します。
 今回は、動画がYoutube上にアップロードしてある前提での説明になります。

 

①まずは、埋め込みをしたい動画のページを開きます。

 

②動画画面のすぐしたあたりに、【共有】 【埋め込みコード】 【メール】 というリンクがありますので、
 今回は【埋め込みコード】をチョイス!

 

 

③【埋め込みコード】のリンクをクリックして『もっとみる』というリンクをさらにクリックすると、
 上記のようなプレビュー画面が出てきます。

 

□動画のサイズ
□動画が割ったら関連動画を表示する
□プレーヤーのコントロールを表示する
□プライバシー強化モードを有効にする

 

上記の項目を細かく設定できます。

 

④いろいろとお好みで設定したら、<i frame~から始まるタグをコピーして、動画を挿入したい箇所にコピー。

 

 

↑実際にこんな感じで埋め込まれます。

 

埋め込みコードに色々なパラメーターを追加できます!

[前編]これでもう悩まない。YouTube動画の埋め込みに使える便利なパラメーター14選
動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

 

・再生後に表示される関連動画を表示させたくない
・自動的に動画を再生させたい
・指定の位置から動画を再生させたい
・指定の位置で動画を停止させたい
・指定の区間だけを再生させたい
・動画の画質を指定して再生させたい
・字幕を表示させたい
・アノテーションを非表示にしたい
・キーボードからの操作を無効にしたい

 

[後編]これでもう悩まない。YouTube動画の埋め込みに使える便利なパラメーター14選
動画マーケティングの最新情報|movieTIMES ムービータイムス

 

・YouTubeのロゴを表示したくない
・タイトルバーを表示したくない
・コントロールバーを表示したくない
・コントロールバーとシークバーを常に表示させたい
・コントロールバーとシークバーの色を変えたい

 

 

 

Copyright (c) 2008-2018.R-design, All Rights Reserved.
  • お電話でのお問合せ
  • メールでのお問合せ・見積もり依頼