女性デザイナーによるホームページ制作/大阪・神戸
女性デザイナーによるホームページ制作/大阪・神戸

Blog

WordPressのバックアップの方法

2017.04.10

前回はWordPressの最新バージョンへのアップロードについて書きましたが

今回はそのアップロードの際に必要な

WordPressのバックアップについてです。

WordPressのバックアップに関しましてはバックアップ用の便利なプラグインが多数ありますが

実はWordPressのアップデートを長い間サボってしまい

あまりに古いバージョンの場合このバックアップ用のプラグインが動作しない。。

というパターンも踏まえて

ですので手動でバックアップをとる方法をご紹介したいと思います。

手動でWordPressのバックアップをとる方法

まずは前記事でもご紹介しました

WordPressの構成している以下のサーバー上のデータとデータベース上のデータの2種類をバックアップする必要があります。

【1】サーバー上のデータのバックアップ

①Wordpress本体のプログラム

②Wordpressのテンプレートファイル

③Wordpressのプラグイン

④アップロードした画像データ

 

【2】MySQLというデータベースのバックアップ

⑤Wordpressの管理者等の情報

⑥Wordpressの設定関係の情報

⑦サイトのページのタイトル・カテゴリー・テキスト内容

⑧ブログ(投稿記事)のタイトル・カテゴリー・テキスト・コメント内容

などなど。

【1】サーバー上のデータのバックアップ方法

こちらはFTPソフト(お使いのPCからサーバにアクセスしてデータをアップロードしたりダウンロードしたりできるソフト)を使用して

対象のデータ一式をご自身のPC内にダウンロードしてください。

おススメの無料FTPソフトは以下です!

FFFTP

FileZilla

ここでは使い方の詳細は省かせていただきまので

使い方の記事多数ありますので検索してみてください!

必ずWordpressをインストール時に設置したフォルダ以下全てのデータをダウンロードしてください。

 

 

【2】MySQLデータベースのバックアップ方法

次にデータベースのバックアップの方法です。

MySQLデータベースのバックアップには「phpMyAdmin」を使用する必要があります。

「phpMyAdmin」とはMySQLサーバーをブラウザで管理、操作するためのツールです。

お使いのサーバ会社のサーバ管理画面に「phpMyAdmin」へのログイン情報が存在すると思います。

ユーザー名とパスワードを入力して「phpMyAdmin」にアクセスしたら、まずは該当するWordPressのデータベースを選択するのですが

データベースが多数存在してどのデータベースかわかならい。。

と、いう場合

WordPressの設定ファイル「wp-config.php」に紐づいているデータベースの情報の記載があります。

以下のようにデータベースのユーザー名やパスワードが書かれています。

 

▶DB_NAME(1) — WordPressで使用中のデータベース名

▶DB_USER(2) — データベースを使用するためのユーザー名

▶DB_PASSWORD(3) — パスワード

▶DB_HOST(4) — データベースが稼働しているサーバー名

※この設定ファイル(wp-config.php)に書かれたユーザー名やパスワードは、絶対に変更しないでください!

 

ユーザー名とパスワードを入力して「phpMyAdmin」にアクセスしたら、まずは該当するWordPressのデータベースを選択します。

 

 

次に、エクスポートする形式を決定していきます。各項目で気をつけるべきポイントは、以下の通りです。

 

 

①まず、右のコンテンツ部分の上の方に「エクスポート」という項目があるので、それをクリック。後は以下の項目にチェックを入れていきます。

②エクスポートの「全選択」をクリック。
③エクスポートの「SQL」にチェックを入れる。

オプションの項目に移動し、

④「構造」にチェックを入れて、以下の項目にもチェックを入れる。
・DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTIONを追加
・IF NOT EXISTSを追加
・AUTO_INCREMENT 値を追加する
・テーブル名やフィールド名を逆クォートで囲む
 
⑤「データ」にチェックを入れて、それ以外のチェックを外す。

⑥「ファイルに保存する」にチェックを入れる。
好きな圧縮形式を選びます。私は無難に「zip形式」です。

以上の操作ができたら、最後に「実行する」を選択して完了です。これで選択したすべてのファイルをダウンロードできます。

 

上記でバックアップ作業は完了ですが、

念のためWPの管理画面、プラグインの各種設定画面等はキャプチャを取っておくといいかもしれません。

また、本当にこれでダウンロードできているの?

と、不安な方はInstant WordPressにリストア(復元)して確認することができます。

↓こちらの方が詳しく書かれていました
http://wp.tokui55.com/post-316

 

いろいろ難しそう。。

やはり手間がかかるんだ。。

と、思われる方は是非バックアップの私達のようなプロにご相談されて

サクッとバックアップをお願いするのがいいかもしれません。

Copyright (c) 2008-2018.R-design, All Rights Reserved.
  • お電話でのお問合せ
  • メールでのお問合せ・見積もり依頼