ノマドワーカーは知ってる?快適なコワーキングスペースまとめ

2013.05.11

coworking

昨今新たなワーキングスタイルとして何かと話題な「ノマドワーキング」。
ノマドワーカーの広がりとともに最近、お洒落なノマドカフェやコワーキングスペースが増えているようです。

わたしは普段は芦屋の事務所でお仕事をしているわけですが、
東京に出張で出かけたときに落ち着いて作業できる場所があればいいなぁ・・・と思うことがよくありました。

今までは、空き時間にはカフェ(主にスタバが多いんですが・・)で作業・・という感じで仕事をしていましたが
やはり電源の問題や長居の気まずさがあったりで、なんだか居心地よくないんですよねぇ。

そんな出張のビジネスマンも必見!東京都内のコアワーキングスペースをまとめてみました。
今回は1日利用が可能なコワーキングスペースを中心に、私セレクトで行ってみたいスポットをセレクトしてみました。

そもそも、ノマドって・・?コワーキングって・・?

nomado

ノマドワーカーとは、自宅やオフィスで仕事をせず、、カフェ、ファーストフード店などでノートパソコンやタブレット型端末などを使って仕事をする人のこと。ノマド(nomad)というのが、もともと「遊牧民」という意味で、さながら遊牧的ビジネスマンというところでしょうか。

コワーキングスペースって、要するにレンタルオフィスやシェアオフィスみたいなもんでしょ?

わたしもいろいろ調べるまでは、そういった施設をオシャレっぽくしたものかなと思っていましたが、
コアワーキングスペースとレンタルオフィス・シェアオフィスは似て非なるもの、基本コンセプトがまったく違うようです。

コワーキングは独立して働きつつも価値観を共有する参加者同士のグループ内で社交や懇親が図れる働き方であり、コスト削減や利便性といったメリットだけではなく、才能ある他の分野の人たちと刺激し合い、仕事上での相乗効果が期待できるという面も持つ。
コワーキングが行われる環境(「コワーキングスペース」と呼ばれることもある)はシェアオフィスやレンタルオフィスとは異なり、実務を行う場所が個室ではなく図書館のようなオープンスペースとなっている。また、すべてのスペースを共有したり、イベントを行ったりといった試みを通して参加者同士のコミュニティ育成を重要視する傾向が強いことも大きな違いのひとつである。

一部のコワーキングスペースは、固定した仕事場に留まらないノマド的なIT系起業家が、カフェや小規模/自宅オフィスでの孤立した仕事環境の代わりとなる場所を求める動きと共に発展した。

「コワーキング」フリー百科事典 ウィキペディア日本語版 2013/5/11 13:00 UTC  http://ja.wikipedia.org

HAPON 新宿 

hapon

”Hap on!” 働くということは巡り合わせ!
日本のHUBである東京、東京のHUBである新宿にて、シェアオフィス「HAPON 新宿」は利用者の皆様に多くの出会いと巡り合いを創造します。”-ホームページより

ACCESS: 新宿西口駅徒歩3分、JR新宿駅徒歩6分

1日料金: 2,000円

公式web: http://hapon.asia/shinjuku/

新宿トラベラーズ・コワーキング

shinjukutraveler

”新宿 TRAVELERS Coworking (新宿トラベラーズ・コワーキング) は、小さなオフィスを活用したコワーキングスペースを目指しています。旅行に出かけるように仕事に出かけ、新しい人と出会い、協力できる場にしたいと考えてますが、それにより参加者を制限するものではありません。-ホームページより

ACCESS: 新宿駅 新南口より徒歩4分(南口徒歩5分)、東京メトロ・新宿三丁目駅E7出口徒歩10秒

1日料金: 1,000円

公式web: http://www.tracoworking.com/

THE TERMINAL

 THE TERMINAL

 ”インターネットできます。電源使えます。コピーとれます。プレゼンできます。打ち合わせできます。待ち合わせもできます。本読めます。音楽聴けます。食事できます。ドリンク飲めます。アルコールもあります。屋上でタバコ吸えます。” -ホームページより

ACCESS: JR 原宿駅・竹下口から徒歩6分 千代田線/副都心線 明治神宮前駅・出口5から徒歩5分

1日料金: 1,050円

公式web: http://theterminal.jp

Connecting The Dots

dots

”The Dots”の場所は、渋谷の中心とも言えるApple storeのすぐ隣です。「点をむすぶ」というその名前には、人と人とを結ぶ。また、個人の経験が実を結べる場所にする思いが込められています。” -ホームページより

ACCESS: 渋谷駅より徒歩4分

1日料金: 1,575円

公式web: http://dots.bz

JELLY JELLY CAFE

jely

”JELLY JELLY CAFEは、長居しても気まずくならないカフェです。” -ホームページより

ACCESS: 渋谷駅から徒歩8分、渋谷東急ハンズから徒歩1分。

1日料金: 1,000円(フリードリンク)

公式web: http://jellyjellycafe.com/

beez(ビーズ)

beez

”beezは集中して働く場でもあり、イベント等を通じて仲間と出会う場でもあります。1人でも複数人の利用でもお気軽にお立ち寄りください。”

ACCESS: 渋谷駅から徒歩3分

料金: 1時間360円

公式web: http://beez.co

マトメカフェ

matome

”打合せや勉強をしたい時に使う快適空間を時間単位で売っています。” -ホームページより

ACCESS: 渋谷駅から徒歩2分

料金: 1時間360円

公式web: http://matomecafe.com

co-ba

coba

”co-baは、場所を共有するだけではなく、お互いのアイディアやスキルも共有し、自分たちのプロジェクトを生み出していく場所を目指しています。” -ホームページより

ACCESS: 渋谷駅から徒歩5分

1日料金: 2,000円

公式web: http://co-ba.jp

Creative Lounge MOV(モヴ)

 mov

”組織や国境、世代の壁を越えて異分野・異文化の人たちが出会い、経験や知識を共有することで新しい価値を生み出していく新しい働き方。Creative Lounge MOV(モヴ)はそんなニーズに応えて渋谷ヒカリエ8/に誕生しました。” -ホームページより

ACCESS: 渋谷駅から徒歩3分

料金: ワンタイムメンバー840円 (税込)/1時間   初回カード発行料:630円(税込)

公式web: http://www.shibuyamov.com

Lightningspot

light

”起業家やフリーランス、ノマドワーカーをSupportするために立ち上げた、ちょっと「オトナ」なユーザー向けのハイスペックな椅子を備えたワーキングスペースです。

起業、プロジェクト立上げのオフィスとして、勉強したいヒトやフリーランスの方のサードプレイスに。” -ホームページより

ACCESS: 渋谷駅から徒歩30秒

1日料金: 1,000円/日

公式web: http://lightningspot.com/

まとめ

今回は、私が利用したいエリア、新宿・渋谷を中心に1日利用できるコワーキングスポットを集めてみました。
次回の出張では、カフェではなくこの中のどこかを使ってみたいと思います。

ページTOP